<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=165725567198380&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

【導入事例】運営に必要なことがほぼ揃っているので、Facebookページの画面を見る機会が少なくなりました。(ChatWork株式会社様)

クラウド型ビジネスチャットツールとして国内でも多数のユーザー数を誇るチャットワーク様では、ユーザーとのコミュニケーションを目的にFacebookページを活用しています。

Facebookページの日々の運営にコムニコ マーケティングスイートをどのように活用しているのかを伺いました。

Facebookページをどのように活用してますか?

ChatWork株式会社 様

もともと、チャットワークの新規ユーザーの経路を調べて見るとFacebook経由での登録が多かったんですよね。そこからFacebookでのマーケティングに力を入れることで新規ユーザーの獲得ができると考えてFacebookページの運営を開始しました。

ただ、現在ではそこから発展して、サービスのアップデートやイベントなどのお知らせをしたりして、ユーザーとのコミュニケーションをする場として活用しています。

ソーシャルメディアを活用することの大きなメリットはユーザーの声をダイレクトに感じることができることですね。サービスの評価を調べるときにも今まではアンケート調査などをする必要がありましたが、ソーシャルメディアではリアルタイムにその反応を知ることができます。

1日の中でFacebookページにどのくらい時間かけてますか?

1日15-20分くらいでしょうか。原稿の作成と投稿の反応チェックをするくらいで、あまり時間を掛けないようにしています。

cMSを導入したきっかけは?

ChatWork株式会社 様

Facebookページの効果測定について困っていたので、知り合いの会社に相談したら「このツール、めっちゃええで!」と薦められたのがきっかけです。それまでは、インサイトからcsvデータをダウンロードして、自分たちでリーチ数やエンゲージメント数などをExcelにまとめていたんですよね。その運用に非常に苦労していたのですが、「そんなことしなくてもこれ使えば一発で分かるで!」という風に猛烈に薦められたもんで(笑)

コムニコ マーケティングスイートを導入してからどんな変化がありましたか?

Facebookページ運営に必要なことがほぼすべて揃っているので、Facebookページの画面を見る機会が少なくなりました。もちろん詳細な数字を見ることも大事なのですが、昨日と比べてどうなのかとか、今どういう傾向なのかとか、パッと見て直感的に傾向がつかむことができるのが便利ですよね。他社比較などもベンチマークしているページを登録しておいて、参考にしてます。

Twitterの投稿も別のツールを使っていたのですが、これはTwitterへの投稿もできるのでそのツールを使うこともなくなりました。

投稿機能で一番便利なのはプレビュー機能でしょうか。テキストが隠れてしまう行数とかスマホでの見え方とかが事前に分かるので重宝してます。

日々の業務効率化につながっているようですね。

ChatWork株式会社 様

自分たちの行動の成果がパッと見て分かるので、モチベーションの維持にもつながっていると思います。カレンダーで投稿した日に色がつくので、空白があると「あ、ちゃんと投稿せなあかんな…」とか思ったりして(笑)

今後期待していることは?

Facebook広告の運用も自社で行っているので、広告の管理機能などもあるともっと嬉しいです。

分析機能で欲しいのは、リーチやエンゲージメント率だけでなく、どんな人がよく反応してくれているのかとか、ファンの詳細な分析があるといいと思います。

あと、今後はGoogle+のユーザー数も増えてきそうなので、Google+などの他のソーシャルメディアへの展開でしょうか。